ADHD診断を受けるまでの道のりが長い。その1「俺ってADHDなんじゃないの?」という疑いを持つ

体験記

自分がADHDじゃないかという疑いを持つ

※2018 2/12現在、まだ正確な診断を受けられていません。過程をお送りしようかと思っています。

ともり ひろき(@HirokiTomori)です。

ところで、僕、自分のことADHDだと思ってるんです。

ADHDって知ってますか?発達障害ってやつです。

症状は「不注意、衝動性、多動性」,,,主にこの三つですね。

そのほか、「計画性がない」とか「かんしゃくを起こしやすい」とか,,,まあいろんな症状があります。「妄想癖」とか、これもADHDの特徴のようです。あとは単純作業も苦手。

「感情的なのび太くん」とかそんな感じに僕は捉えています。

本もいくつか読んで確認しましたが、まあ間違いないんじゃないかなあ、という感じ。

ゆうきゆうさんの漫画、やっぱ面白い。なんでこんな読みやすいのよ。

この数年でこの言葉を知ったので、「早く知りたかったなあ」と心底思いました。「自分には向いてないことがあるんだ」って知りませんでしたもの。単純作業のアルバイトとか、もう全滅でした。何回クビにになったかわからない。

単純作業やってると、どうしても空想してしまって、集中ができないんです。上司にとっても、僕にとっても、お互いにストレスでした。

上司「またこんなミスしやがって!真面目にやれよお前は!正気かよ!金もらってんだろ!」

ともり「す、すみません!(ええっ!???これ以上集中したらもう僕死んじゃうんですけどってくらい集中してるつもりだったのに!?)」

どんなに頑張ってもケアレスミスしてしまうので、かつ周りは「真面目にやっていない」の一点張り。

「ああ、俺ってダメ人間なんだな」って思い込んで適応障害になったこともあります。

2次災害的に他の精神疾患を引き起こすのも「あるある」のようです。



どこで診断が受けられるのか

で、浮上するこの問題。

「これってどこで正確な診断を受けられるのだろう」,,,。

「ゆうクリニック」に一度足を運んだら、

「うーん、まあ強いADHD傾向にありますね。うちでは正確な診断はやってないんですけど」

とまあややぬるっとしたお返事。

どうやら、ADHDを専門とした機関というのが本当に数少ないようで。

それから、まー頑張ってググりました。

あるブログには、

発達支援障害センターに聞いてみて下さい」

と書いてあった。

早速電話。

「対応できる病院リストがホームページにありますので、そこから病院に連絡してみて下さい」

とのこと。

ホームページを見ると、確かに、リストがあった。しかし1つや2つじゃない。大量の病院名が書いてあるリストを片手に、片っ端から電話していくことに。

次ページ、「ADHD電話戦争」を知っているだろうか?